育毛ケアしてるのに髪に悪いことも同時に行っていませんか?

髪に悪い習慣をしていないかどうか見直しましょう

髪や頭皮を健やかに保ちたいならば、やはり自分の生活環境をしっかり見直して髪悪い習慣をしていないかどうかチェックするのが大事と言えます。
生活習慣の乱れとしては酒やたばこ、夜更かしなどがあげられます。喫煙は特に影響が大きく。たばこは毛細血管の収縮をはじめ、髪や毛根に栄養を運ぶための血液の流れを滞らせてしまいます。そうなると髪の毛は育ちにくくなり、細くなったり抜けやすくなったりして、薄毛を進行させてしまいます。

 

アルコールに関しては、直接的な因果関係はないにしても、飲み過ぎることによって、マグネシウムやビタミン類などを破壊させてしまい、髪にとって必要不可欠な栄養素を失うことになってしまいます。たしなむ程度に抑えておきたいものです。

 

夜更かしに関しては、髪は肌の細胞と同様に、夜に作られます。その髪の育成が活発な時間帯、だいたい23時から深夜2時くらいまでの間と言われていますが、この時間帯に睡眠を取れていないと、やはり髪や頭皮にとっては悪い影響を与えます。早寝早起きを日ごろから心がけることが髪や頭皮にとって良いと言えます。

 

さらに、ストレスも頭皮にとって悪い影響を与えます。ストレスは毛細血管の収縮や血行不良を引き起こします。そうなると毛母細胞に栄養素が行きわたらなくなり、育毛をさまたげます。さらに育毛に重要なホルモンバランスも、ストレスで乱れることが分かっています。ストレスをためないことは決して容易なことではありませんが、リラックスできる時間を設けたり、自分なりのストレス解消法を見つけ、睡眠もしっかりとることが髪や頭皮にとってベストと言えます。

 

 

髪にとって悪い食べ物や飲み物って?

食生活の見直し

髪の毛や頭皮にとって、髪 悪い 食べ物はあるのでしょうか。一般的に、動物性脂肪は頭皮にあまり良くないことが言われています。脂っこい食べ物、例えば油を多く使った料理、脂肪分の高い肉料理などがあげられます。揚げ物や脂身の多い肉料理が好きな人は要注意です。さらに手軽に食べれるスナック菓子にも動物性脂肪がふんだんに使われています。つい手が伸びがちな食べ物ですが、髪や頭皮の事を考えると控えた方が良さそうです。
さらに刺激の強い食べ物も好ましくありません。多少の摂取であれば、血行促進効果もあり、頭髪にいい影響を与えますが、摂り過ぎは禁物です。辛い物や塩辛いものは控えましょう。
冷たいものの摂りすぎもいけません。暑い季節になるとつい冷たい飲み物ばかり摂取してしまいますが。体を冷やすことによって血液のめぐりが悪くなり、ひいては頭皮の血行も滞らせてしまいます。適度に摂りましょう。

 

お酒やコーヒーなどもとりすぎには注意

お酒が好きな人も要注意です。アルコールの摂り過ぎは頭皮に潜在している菌を活発にさせてしまい、それと同時に髪の毛を作るために必要なタンパク質の生成を鈍らせてしまいます。
飲み物に関しては良く、コーヒーも髪や頭皮にとって良くない、と言う話を聞きます。コーヒーに含まれているカフェインは覚せい作用があり、刺激も強いものです。しかしこのことだけで、一概に髪に悪い飲食物、とは決めつけれません。逆にカフェインの刺激で頭皮の血行が促進したなんていう話もありますので、難しいところですが、あまり過剰に摂取せずほどほどにたしなむ程度ならば問題はなさそうです。何事もほどほどが大事と言うことですね。

育毛剤ランキング

チャップアップ(CHAPUP)
価格・容量 カテゴリー 男女使用 おすすめ度
\9,090 (120ml) 育毛剤 5つ星

公式サイトへ


M-1 ミスト
価格・容量 カテゴリー 男女使用 おすすめ度
\9,800 (200ml) 育毛剤 5つ星

公式サイトへ


濃密育毛剤BUBKA
価格・容量 カテゴリー 男女使用 おすすめ度
\12,600(120ml) 育毛剤 5つ星

公式サイトへ